季節ケア

夏こそ、アロマで美肌ケア!

「インナードライ」

夏の肌が抱えるトラブルのひとつ、
汗や皮脂の分泌は増えるので肌表面はしっとりとしたように感じます。

しかし、エアコンの効いた室内や強い紫外線の当たる屋外によって、
夏の肌は室内外問わずとても乾燥しやすい環境で日々を過ごしています。

さらに、女性はホルモンバランスの影響で皮脂は徐々に低下し、水分も蒸発しやすくなります。
肌の保水力低下は乾燥を加速させます!

乾燥はシワ・たるみ・肌荒れの直接的な原因となります。

乾燥というと冬を連想しますが、夏のケアが秋冬の肌状態に影響を与えるので、
夏こそしっかりと保湿ケアを行いましょう。

おすすめアロマ

和ノ香ローズ

ローズ  参考商品:和ノ香(ローズ:国産無農薬栽培ダマスクローズ、セルエキストラクト)

「香りの女王」とも呼ばれる「ダマスクローズ」の花びらから丁寧に水分のみを抽出した国産アロマ。

優美で気品溢れる香りのローズ、メンタル作用が高いことで知られる香りですが、
女性のお肌をしっかりとサポートしてくれます。

汗をかきやすい夏は「肌を清潔に保つこと」も肌ケアのポイント!

年齢肌は夏は乾燥しやすい時期、紫外線からの乾燥にも「肌に潤いを与える保湿」も肌ケアのポイント!

ローズはこの2つをケア(抗菌・保湿)する成分を持っています。

また、加齢肌は角質が厚くなりごわごわしがちになるので「浸透率」の高いケアもポイントになります。

精油(エッセンシャルオイル)などの親油性のアイテムに比べ、
セルエキストラクトと呼ばれる水溶性アロマは分子量が細かく、浸透率も高いので大人の保湿ケアに最適です。

アロマの使い方

洗顔後、化粧水として活用しましょう!
ローズの抗菌作用がお肌を清潔に保ち、保湿作用でお肌がしっとりと潤います。

おすすめの活用法は「和ノ香(ローズ)+低温真空抽出水(詳しい活用法は製品HPをご参照ください)

特殊な技術で抽出したローズアロマは精油等に比べて分子量が細かいのが特徴、
その特性を活かす希釈基材が「低温真空抽出水」です。
精製水などに比べて分子量が細かく、ローズアロマの成分をしっかりとお肌に届けます。

アロマポイント

アロマテラピーの効果を発揮する「香る」「塗る」をしっかりと取り入れましょう。

「香る」
ローズの香りは心に幸福感を与え、気持ちを安定させます。
手にとったら肌に塗布する前に深呼吸と共にローズの香りを取り入れましょう。

「塗る」
お風呂上がりなど肌が温かい状態(毛穴が開いている状態)は肌への浸透率が高まります。
両手で顔を優しく包み込むようにローズの成分をお肌に入れましょう。
化粧水を塗布した後はクリームやオイル等で保湿することで乾燥を防ぎます。

次の季節を美しい肌で迎えるためにアロマテラピーで夏ケアを♥

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

CAPTCHA