アロマ ニュース

アロマのゴキブリに対する忌避作用。AEAJが実験にて確認

公益社団法人 日本アロマ環境協会(略称:AEAJ)は、
アロマテラピーにおいて使用される3種の精油にゴキブリの忌避作用があるかを確認する実験を実施した。
その結果、「レモングラス精油」に忌避作用が確認された。

アロマのゴキブリに対する忌避作用

ゴキブリが嫌う精油は「レモングラス」!?

アロマテラピーで使用される精油の中には、虫よけ作用があるといわれる種類があり、
今回の実験では、「レモングラス」、「シトロネラ」、「ペパーミント」の3種類の精油について、
ゴキブリに対する忌避作用があるかを確認するための実験した。

その結果、3種類の中で「レモングラス」に最も強い忌避作用が確認された。

【実験概要】
●対象:チャバネゴキブリ成虫 各精油あたり150匹
●精油:レモングラス、シトロネラ、ペパーミント
●測定方法:大きなプラスチックケース(約D30cm×W60cm×H30cm)の中に、
ゴキブリが出入り可能な穴のついた小さな箱を2箱用意。
片方の箱の中には精油を2滴垂らしたシャーレを置き、もう片方の箱には空のシャーレを置く。
ゴキブリ50匹をプラスチックケースの中に放ち、
一昼夜後にそれぞれの箱で発見されたゴキブリの数を計測する。
それぞれの精油について、各3回実験を行った。

※ゴキブリは暗い場所に集まる習性があるため、暗い空間である箱の中に入ることが予想される。
その行動において、精油の有無による影響を調べることで、ゴキブリが精油を忌避する(嫌う)かどうかを判断。

【実験結果】

main-2


●レモングラス精油を置いた箱でのゴキブリの発見率は、22.3%と低く結果となった。

●一方で、ペパーミント精油においては、逆に精油ありの箱のゴキブリ発見率が高いという結果になった(69.2%)。

(画像はプレスリリースより)

Information

アロマのゴキブリに対する忌避作用

詳細はAEAJ プレスリリースをご覧ください。

http://www.aromakankyo.or.jp/pdf/news/572/170724_cockroach%20repellent%20action_v7.pdf

 

 

You Might Also Like